硬水、軟水って何?

よく硬水軟水という言葉を耳にすると思います。
みなさんは、硬水と軟水の違いや基準を知っていますか?

硬水と軟水とを分ける基準は、 ミネラル分の濃さ(含有量)などの違いだと言われています。
水1Lあたり、どれくらいのミネラル分が含まれているかということを「硬度」と呼びます。

つまりこの硬度によって硬水か軟水かが決まるのです。

硬度が高ければ硬水
硬度が低ければ軟水

ということです。

~硬水について~

あまりにも硬度が高い水(硬水)は、大人でも飲用しないほうが良いと言われています。
その理由は、お腹を壊してしまうからです。
もちろん大人よりもお腹の弱い赤ちゃんに飲用させるなんて厳禁です!

ただ、硬水の中でも硬度の低いものであれば飲用が可能です。
普段摂取できない栄養素の補給にもなりますので、一概に硬水を飲んではいけないというわけではないのです。

~軟水について~

一方、大人にも赤ちゃんにも美味しく飲んで頂けるのが軟水です。
なかでもミネラル分を精一杯取り除いた「ピュアウォーター」は、飲用にも料理にも最適です。
ピュアウォーターを使用して炊いたご飯は柔らかくふっくらした炊きあがりになるという話もよく耳にします。

普段何気なくペットボトルの水を購入しているという方。
是非、硬水か軟水かを確かめて購入してみてください。
また、硬水と軟水の両方を購入して飲み比べてみるのも、水を知る第一歩となるはずです。